協議離婚を考えているあなたへ

協議離婚をするときは、届け出をする前に契約書類を作成しましょう。

 離婚届を出す前に、きちんと離婚協議書を作成しておきましょう。
女性行政書士が、書類作成によって、あなたの協議離婚をサポートいたします。

 離婚原因はそれぞれですし、置かれた状況・抱える問題もそれぞれです。
可能な限り直接お話しを伺い、ひとりひとりオーダーメイドのサービスを提供します。


 離婚直後は、今までの生活の延長線上で将来のことを考えがちですが、
日々状況は変わっていき、だんだん疎遠になることが多いものです。
そうなってしまうと、話し合いの場を設けることすら難しくなります。

 日本における離婚の9割が協議離婚です。
簡単な手続きで離婚できるこの制度では、離婚条件を公的に証明してくれるものがありません。
自らの手で、離婚の契約書(離婚協議書)を作成する必要があるのです。

離婚 協議書作成 女性 行政書士 

特に下記に該当する場合は、離婚給付公正証書を作成しましょう。

  • 未成年のお子さんがいる場合  
  • 財産分与、慰謝料等を分割で支払う場合
  • ローン残債のある不動産がある場合
  • 離婚後しばらく時間をおいてから共有財産を清算する場合
  • 相手方が転居や転職をしそうな場合

 


協議離婚関係の書類作成のご相談は、女性行政書士にお任せください。

 離婚したいと思った時、第一に思い浮かべるのは弁護士でしょう。
はっきりと争いがあって、調停・裁判も辞さない状態であれば、弁護士にお願いするしかありません。
しかし、「弁護士に頼むほどではないんだけど…」 というケースも多いはずです。
それでも、専門家に相談したいことがありますよね。

離婚 協議書作成 女性 行政書士 

 こんなときは、ぜひ、行政書士にお任せください。

  • まだ離婚の決心はつかないが、とりあえず相談したい  
  • 手続き上の問題を確認したい
  • 話し合いの立会をしてもらいたい
  • 合意事項を協議書・合意書にまとめたい
  • 弁護士がやりたがらないような軽易なことを依頼したい
  • 内容証明を送りたい
  • 公正証書作成をサポートしてほしい

  

 取り立てて女性を強調したくはないのですが、離婚の当事者の半分は女性です。
それなのに、弁護士も、司法書士も、行政書士も、圧倒的に男性が多いんです。
相談ごとには女性の方が話しやすい、わかってもらいやすいことって、ありますよね。


 男性の方も、もちろんどうぞ!
相手方との調整は、女性同士で話す方が、うまくまとまるかも知れません。
特に離婚のような問題では、女性の心情は、女性の方が理解しやすいですから。




離婚にあたって大切なことは何なのか。

 今後の生活設計はできていますか?離婚は結婚以上にエネルギーが要ります。
「とにかく別れたい」という気持ちだけで離婚届を出しては、将来の生活が大変です。
離婚は、愛憎の問題であると同時に、生活のかかった、非常に現実的な問題なのです。

 まずは、本当に離婚以外に道はないのかをよく考えてから決心してください。


 離婚の決意が固いなら、過去および現在の清算と今後の生活基盤の確保のため、
別れる前に、合意事項を契約書(離婚協議書)にしておきましょう。

離婚 協議書作成 女性 行政書士 

女性行政書士が、あなたの将来のために
離婚協議書・離婚合意書の作成をはじめとした
協議離婚関連のご相談や諸手続きをしっかりサポートします。